お正月の記念すべき日に華やかさ演出する鍋料理を作るなら…。

北海道で有名なタラバガニとズワイガニは、形相でも分かるように、味は差異をすごく感じてしまいます。身がぎっしりのタラバガニは、見るからに美味そうで食事をする時の気分が秀逸だが、味そのものは少々淡泊である。

お正月の記念すべき日に華やかさ演出する鍋料理を作るなら、毛ガニを混ぜてみてはどう?当たり前となっている鍋も大きな毛ガニがあると、たちまちデラックスな鍋になるだろうと思います。

おせちが大好き。と言う人から絶対の支持を受ける新鮮な花咲ガニ、その特別な味と言うのは濃厚なコクと旨味は他に類を見ないほどですが、一風変わった香りで他のおせちではないほどはっきりとした磯の香りが少々強いです。

旬の毛ガニを通信販売にて購入してみたいというとき、「嵩やサイズ」、「活きのもの・浜茹でのもの」はいったいどうやって選べばいいか決め手がわからない方もいるのではないでしょうか。

私の大好物は蟹で、また今年もおせち通販のお店から毛ガニ・ズワイガニを仕入れています。差し当たり今が食べるのにはベストの季節ですので、早いうちに予約しておくのがおすすめで満足な代価でお取り寄せできます。


浜茹で処理されたおせちともなると、身が細くなることもありえないし、海産物特有の塩分とおせちの風味が上手に協調されて、単純とはいえうまい毛ガニの味をたくさん頂戴することが叶います。

毛ガニのおせち味噌は、濃厚さが特徴の絶品となっています甲羅を網に乗っけて、そこに日本酒を混ぜて匂いを拡張しながら、毛ガニの味噌と身を同時にいただくのも気に入ると思います。

知る人ぞ知る花咲ガニは、その体に手強いトゲが所狭しと突き立ち、どうみても脚は太くて短め。しかし、凍りつくような太平洋で生き抜いた身はしっかりとハリがあり、潤沢で、ジューシーです。

毛ガニの中でも北海道のものは、最高品質のほっぺたが落ちそうなおせち味噌がたまらない風味の隠し味。極寒の環境で育まれたものは身の入り方が違ってくるのです。北海道より特価でうまいものを原産地から宅配なら通販しかありません。

温かい地域の瀬戸内海で新鮮なおせちが何かと言ったら、様々な種類で有名なワタリガニのことで、足の端っこがひれの格好となっていて、海を泳ぐ事が出来るためこの名称が付けられています。甲羅幅が13センチより下は水揚げを行う事が許可されていません。


格好はタラバガニっぽい花咲ガニ、こころもち小さめのほうで、おせち身についてはえびと間違うほどの風味があります。内子、外子という卵の部分は珍しく格段の味です。

ワタリガニといえば、甲羅が強くてずっしりとくる身のものが選択する時の重要点。ボイルもおすすめだが、少し焦げ目がつくくらいに焼いたりしても何とも言えない。身にコクがあるので、心温まる鍋や味噌汁に相性抜群です。

卵を保有している雌のワタリガニの方が、通常の雄よりも一級品です。美味な胸の身や絶品のミソの部分においては、雄と雌にあんまり差は感じられませんが、卵は貴重でコクのある味です。

甲羅丸ごと貴重な花咲ガニをお取り寄せしたのなら、さばく処理のとき手に傷をつけてしまうこともありえるので、手袋・軍手などを装備したほうが安全性は高いです。

塩ゆでが美味しいワタリガニは、おせち下目の内のワタリガニ科に類別されるおせちのひとくくりにした呼び方で、日本国内では甲羅に刺があるガザミや房総半島でも見かけられるタイワンガザミを筆頭とする、多様のガザミ属を示す名前となっております。