ここのところ大人気で美味いワタリガニとなっていますので…。

産地としては根室が有名なこの花咲ガニは、北海道・東部地域で特に育つなんと全国でも相当ファンがいる蟹です。その特徴は濃厚でこくのある味で一番おいしくなる浜茹でのプリプリッとした食感の肉は特筆すべきです。

ここのところ大人気で美味いワタリガニとなっていますので、激安なおせち通販などでも依頼する顧客は増していて、日本のあちらこちらで食べて頂くことが可能になってきました。

おせちのチャンピオンともいえるタラバガニと並ぶ食べ応え・満足感、更にタラバガニでは得られない芳醇な味覚を感じたい方には何よりも満足していただけるのが、根室半島(花咲半島)で獲れる花咲ガニをおいてはありません。

九州のおせちと言って思い出すのはワタリガニ。身がある脚の部分はつめの先と言われる位ですが、代わりに、甲羅の内側は旨みでいっぱい。端っこまで残すことなどできそうもない堪能できそうな中身を目にすると心が躍ってしまいます。

おいしい花咲ガニですが、年間を通して獲れる時期が短く(初夏〜晩夏)、つまり、特定の旬の間しかない貴重な蟹なので、今まで食べたことないという方もいらっしゃるようです。


旬の蟹を通販を利用する人も増えているようです。ズワイガニはよくても、特に毛蟹については、確実に毛ガニを扱っている通信販売で購入しない限り、自宅で堪能することができないのです。

姿そのままの新鮮な花咲ガニをたのんだだとしたら、食べる準備をしているとき手を傷めてしまうこともあるから、手袋・軍手などを用意して使ったほうが安全に調理できます。

「日本海産は質が良い」、「日本海産は美味」という思いを持ってしまいますが、北米カナダの沿岸海域、恵まれた漁場として知られているオホーツク海、オットセイなどが多いベーリング海も、ズワイガニから見れば「生きやすいところ」となっているわけです。

ワタリガニは、たくさんの菜単として賞味することが出来ると考えられます。焼ガニにしたり、揚げたり、体を温めてくれる味噌汁もおすすめです。

あのかにめしの起こりという、有名な北海道長万部で獲れるものが、北海道毛ガニの中でも群を抜いて頂点らしいです。ぜひ、毛ガニ通販で格別な味を満喫してください。


身がたくさん詰まったワタリガニを頂戴する際は「煮るだけ」が究極の方法だと思います。若干味わいにくいと思いますが、甘みのある味噌や身は、これ以外の豪華な蟹に勝つ程の口当たりと味を感じさせてくれます。

届くと即時に楽しめるくらい下調理されたのものも多い事も、やはりタラバガニを通販でお取寄せするポイントでしょう。

たまに「がざみ」と呼んでいる活きの良いワタリガニは泳ぐことが上手で、具合によっては増殖地点を移動するとのことです。水温が低くなると甲羅がコチコチとなり、身の入る11月から5月頃までが真っ盛りだと伝えられている。

殻の形が菱形のワタリガニは、おせち下目の内のワタリガニ科に分類されるおせちのひとまとめした呼び方で、国内では愛されているガザミやたくさんの歯が生えているタイワンガザミを初めとする、大きい体のガザミ属を指し示す呼び名となっているわけです。

現地に足を運んでまで食べるとなると、経費もそれなりにかかります。獲れたてにちかいズワイガニをそれぞれのご自宅で味わいたいのがいいとなると、通販でズワイガニを手に入れるべきでしょう。