おせち料理は半分手作り,半分お惣菜

基本的におせちは,伊達巻,お煮しめ,お雑煮,栗きんとんは,毎年手作りで,田作りや黒豆は,宅配のpal systemで12月ぐらいに予約注文しています。

 

結婚して初めて迎えるお正月は,子どもが生まれおせちを作るどころではなかったので,pal systemのおせちセットを購入し,一切手作りしませんでしたが,年末年始で出費もかさみ,やはり手作りした方が断然お得なので失敗せず自分で作れそうなレシピをインターネットで検索し,作ることにしました。

 

また,おせち料理は,子どもらが食べられない物が多く,子どもが好きな伊達巻,栗きんとんは,たくさん欲しいという思いもあって,これだけは少し多めに用意します。

 

おせち全体の量としては,毎年夫の実家に1月3日あたりから帰省するのと,3日間おせち料理だとさすがに大人も飽きてしまうので,2日で食べれる量しか買いません。

 

私は,東京出身なので,親から受け継いだ,シンプルなお雑煮(具材は,なると,おもち,三つ葉,ゆずのみ)でした。

 

夫は関西出身で,もっと具だくさんのお雑煮だったとのことでしたが,特にそれに固執するわけでもなく,我が家はそのまま関東バージョンのお雑煮を楽しんでいます。

おせち料理にあまり思い入れがないので、注文してまで頼もうとは思いません。 よくテレビなどで、??万円のおせちの売れ行きが好評!などの報道には、ただただ唖然としています。 食べたら美味しいよ!と言われるかもしれませんが、最近お正月のあつまりで、親戚がおせちを注文したものを実家にもってきてくれてたべましたが、これなら伊達巻をもう一本買った方がいいとまで思いました。 あまりおせちが好きではないのかもしれません。 昔から母の作った煮物とか、おなべ、そして揚げ物、お雑煮といった、おせちではなく、母が作ってくれたものが断然おいしいのでおせちはあまりたべていませんでした。 もちろん、スーパーで買って来た黒豆や数の子など、個別に買ってきてお重につめますが、ほとんど手をつけず。

幸いにも、主人も同じように育ったみたいで、おせちがあまり好きではないようです。 きっと子供も好きではなくなるだろうと思っています。 まだ、ものすごくおいしいおせちに出会っていないのかもしれません。 ただ、最近、おせちといっても、昔ながらの甘い保存がきくものではなく、ステーキのような高級お肉を使ったおせちもあるようなので、それは食べてみたいなぁとは思います。 しかし、わざわざおせちじゃなくてもという気持ちです。