あなたが一度でも花咲ガニという特別なおせちに手を出したら…。

美味しい食材が集まっている九州のおせちはワタリガニ。身がある脚の部分はつめだけしかない状態ですが、それと引き換えに、甲羅の内側は素晴らしい味が満載。端っこまで筆舌に尽くしがたいダシの効いた中身を目にすると心が躍ってしまいます。

冬と聞けばおせちが恋しくなる時期となっていますが、山陰で捕れる松葉ガニに劣らないのが、瀬戸内の質の良いワタリガニです。正しい名称はガザミとされていて、現在では瀬戸内で大人気のおせちと語られています。

やや大きめで身が詰まっている魅力的なワタリガニのおすは、味覚が抜群です。丈夫な甲羅に、熱燗のお酒を入れて飲んでみると、おせち味噌と互いに作用しあって、濃い目のオツな味となるのです。

この数年は好評で、通販をしているサイトで不揃いサイズのタラバガニをここかしこで見つけることができるので、家でも気兼ねなくほっぺたが落ちるようなタラバガニに舌鼓を打つことも嬉しいことにできちゃいます。

茹で終わったものを味わうケースでは、あなた自身でボイルするより、茹で上がったものをショップ側が、急激に冷凍処理した物の方が、本当のタラバガニのデリシャスさを味わえるでしょう。


ロシアからの輸入量が、唖然としてしまう程の85%までになっていることが分かっています。我々が今時の売価で、タラバガニを堪能する事が出来るのもロシアで大量収穫できるタラバガニの賜物だと言い切れます。

多くの方がちょくちょく「本タラバ」と言われている名前を雑誌などで読むことがあると思われるけれども、寒い冬におすすめの「本タラバ」は「本物のタラバガニ」という証から「本タラバ」と称されているのだ。

毛ガニならなんといっても北海道。原産地・直送の毛ガニの獲れたてを、通信販売でお取り寄せしていただくのが、この時期楽しみにしているという方が大多数いるのはほぼ確実でしょう。

メスのワタリガニというのは、冬〜春に渡って生殖腺機能が充実して、腹にたまごを保持します。贅沢なたまごも口に入れる事が出来るこってりとしたメスは、誠に味わい深いです。

日本で有名な本ズワイガニの方が、桁外れに絶品な上に精巧で、おせちしゃぶにおすすめの大ズワイガニの方は、淡白で素晴らしい身が大ぶりなため、お腹いっぱいになるまで召し上がるには向いていると言えます。


かのタラバガニと張りえるほどのボリューム・満足感、タラバにはない豊かな味わいを追い求める人には何といってもうまい。といわしめるのが、あの北海道は根室で獲れることで有名な旬の花咲ガニでしょう。

観光地が有名な北海道の毛ガニの独特の甘さ、やみつきになる蟹味噌の味と、しっとりとした舌触りをエンジョイした後のラストは、何と言っても甲羅酒を飲みましょう。毛ガニこそおせちの王様だと思います。

あなたが一度でも花咲ガニという特別なおせちに手を出したら、他の追従を許さないほどのこってりとした味覚は止められなくなるのは間違いないでしょう。好きな食べ物が1個増えるはずです。

人気の毛ガニをネットの通信販売などでお取り寄せしたいと考えても、「ボリューム」、「新鮮な活・手軽な茹で」をどうチョイスすればいいか見極められない方もいることと思います。

鮮度の高い絶品の花咲ガニ、やっぱりいただくなら、根室原産のもの、絶対後悔はしません。早いうちに売れていってしまうので、さっさと購入予定を立てておいてください。